身体が硬い人のストレッチ 腰編

2016/09/30 14:04 |ストレッチ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『身体が硬い』と思った事はありますか?
前屈して床に手が付かない
ストレッチをすると身体が硬すぎて痛い
ヨガとかやりたいけど、硬すぎて恥ずかしい
そんな方のための身体を柔らかくするストレッチをご紹介します。

◾︎身体が硬いのは筋肉が硬い


身体が硬いのは、筋肉の柔軟性が失われてしまっているからです。
筋肉はゴムのように伸びたり縮んだりしていますが、柔軟性がないと伸縮性も低下してしまいます。

筋肉は関節をまたいで骨に付着しています。そのまたいでいる関節を動かす役目を筋肉にはありますが、筋肉が硬いとこの関節の可動性が悪くなります。

ゴムと布では、伸縮性が違うので、伸縮性に差が出て来る原理です。

◾︎硬くなっている筋肉は力が入っている


硬くなっている筋肉は筋肉自体に老廃物が溜まり、筋肉の質が低下している場合もありますが、ほとんどが無駄な力が入ったままになっている事が多いです。

無駄な力が入っていれば筋肉は十分に伸びる事は出来ないので、関節を曲げたりする時に制限をかけてしまいます。
関節を柔らかくするためにはこの無駄な力を抜く事がポイントです。

◾︎無駄な力を抜くストレッチ


ストレッチには筋肉のポンプ作用をアップする【動的ストレッチ】と筋肉を緩める【静的ストレッチ】と2種類ありますが、身体を柔らかくするためには【静的ストレッチ】が効果的です。

無駄な力を抜く事で、筋肉の柔軟性をアップするだけでなく、自律神経の副交感神経を刺激し、リラックス効果も得られます。

一生懸命伸ばすだけだと、【動的ストレッチ】になりやすく、力が余計に入ってしまいます。
ストレッチで筋肉を緩めたい場合は【静的ストレッチ】がオススメです。

◾︎腰を柔らかくするストレッチ


1.床に脚を開いて座ります。
2.片方の膝を曲げ、片方だけあぐらをかくような姿勢になります。
3.伸ばしている足の方に身体を倒し、力を抜く



4.なるべく腰の部分が丸くなるように意識する



自分の上半身の重さで徐々に身体が倒した方へ傾いていくので、20~30秒程したら1度身体を起こしてください。
これを左右3~5セットずつ行います。